外貨MMFとはどういうもの?FXとの違いは?

 


外貨MMFとは外貨で運用するMMFです。

 

外貨といっても色々な外貨があります。

 

例えばドルやユーロなどもありますし豪ドル、ニュージーランドドルなどの外貨があります。

 

MMFはMoney Managed Fundの略で投資信託の一種といえるでしょう。

 

MMFは投資信託ですが投資をする対象としては債券投資が主なものだといえるでしょう。

 

債券といっても短期の国債や格付けの高い社債などに投資をするものが多いようです。

 

つまりかなり安全な投資信託であると言えるでしょう。

 

元本割れのリスクがないとは言えませんが、かなり低いといえます。

 

そして銀行に預金するよりも金利は高いといえるでしょう。

 

ですから銀行預金に比べるとほんの少しリスクが高くてほんの少し金利が高い商品だといえます。

 

FXとの大きな違いは投資信託であるためにレバレッジは低いということでしょう。

 

FXではレバレッジをかけるために金利もそれに応じて高くなりますが、外貨MMFでは金利はそれほど大きくありません。

 

ただしFXでは投資元本以上の損失を発生する可能性がありますが、外貨MMFでは投資した金額以上の損失を受けることはないでしょう。

 

もう一つの違いは、外貨MMFは買い付けることしかできないという点です。

 

投資信託ですから売ることができないのは当然のことです。

 

つまり円高局面では為替レートによって損失が発生するのをただ単に見ているだけになるのです。

 

外貨MMFを考えるときには外国の安全な債券に投資をしていると考えるのが良いと思います。

 

外貨MMF参考サイト

外貨MMFを徹底比較!手数料が安く利回りが良い業者を選ぶコツ
外貨MMFで一番得したいならこちらのサイトをチェックしよう。
xn--mmf-1b8e998t.jp.net/